金魚( トリカラー琉金 )を作製しました!

透明感のある トリカラー琉金 を作製!

 個人様からご依頼をいただき、金魚( トリカラー琉金 )の模型を作製しました!HPへの掲載をご了承いただきましたので、皆様へ紹介させていただきます。

 サイズは頭から尻尾までが約18cmで、ツヤありのスタンド使用でのご依頼でした。

トリカラー琉金 3Dデータ

トリカラー琉金
トリカラー琉金 3Dデータ

ご依頼者様の希望を反映し、モデリングで3Dデータを作製しました。完成イメージがすぐつき、修正箇所があった際にもすぐに変更できるのは当社の長所の一つです。

3Dプリンターで出力した トリカラー琉金

トリカラー琉金
トリカラー琉金

 3Dプリンターで出力した直後では、サポート材と呼ばれるバリがあります。これを取り除き、バリの跡を磨いて形状を完成させます。

トリカラー琉金 完成

トリカラー琉金
トリカラー琉金

 ヒレの先の透明感を大事にしたいと考え、クリアな樹脂で作製しました。また、全体のツヤ感を出す塗装もしています。全体的な色味や模様、鱗の雰囲気もかなり良いのではないでしょうか。

トリカラー琉金 を持ってみた
トリカラー琉金
トリカラー琉金

 台座付きのスタンド使用にしています。かなり立派な模型ができたのではないでしょうか。

 アンフィ合同会社では、オリジナルの模型作製のご依頼も受け付けています。博物館や水族館などの施設からだけでなく、個人からでも模型を作れるので、欲しい生物の名前、大きさなどの情報をお伝えくださいませ。

 どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。