あなただけの模型

 当社では博物館や水族館だけでなく、個人様からのオリジナル模型の作製依頼も受注しています。このページでは、作製開始から納品までの流れをご説明いたします。

はじめに

 まずは、作製したい生き物と完成イメージをお伝えいただきます。「スタンド使用にできるか?」や「壁掛け使用にできるか?」などポージングに関係する事もご相談も可能ですので、その種の魅力的なシーンやポーズをお伝えください!

 なお、相談相手となる営業担当も非常に生き物好きです。その種の魅力についてお話していただく中で、素敵なオリジナル模型の完成イメージを決定していきましょう!

予算について

下記の2点で金額が変動します。

①模型の大きさ

②その種の色の複雑さ

こだわりたい点をお伝えいただければ、予算に合わせた完成イメージを提案させていただきます。

完成イメージの提案

ラブカ
原寸大のラブカ頭部
ラブカ
フックに引っ掛けたラブカ

(ラブカの全身を作るほどの予算は無いけど、小さくするとガチャガチャのおもちゃみたいでかっこ悪い…)

そんな時には原寸大の頭部だけではいかがでしょうか。特徴的な歯や、大きく神秘的な眼の魅力を残したままお手に取りやすい価格で作製できます。

オオサンショウウオの模型
オオサンショウウオ
壁に飾っている様子

(大きさが魅力の生き物だけれど、金額があがってしまう…)

そんな時には腹面を作製せず、壁掛けにするのはいかがでしょうか。唯一無二のプロポーションを保ったまま、背面の柄や、一目で大きい!とわかるサイズ感の模型です。腹面を作製しないことでお手に取りやすい価格で作製できます。

 

 上記のように、担当から様々な提案をさせていただきます。是非、一度ご相談ください!

完成した3Dデータ
金魚
金魚の3Dデータ

 「トリカラー琉金(金魚)のスタンド使用で模型を作ってください。」

とお伝えいただき、いただいた参考画像から3Dデータを作製しました。データが仮完成したら、依頼者様へ動画でデータをお送りします。

「尾ひれをもう少し短くして欲しい。」

など修正点をお伝えていただければその通りにデータを修正し、データを完成させます。

入金のタイミング

 3Dデータが完成しましたら、入金をお願いいたします。お振込みが確認でき次第、3Dプリンターで出力します。

 3Dデータが完成してからの入金なので、(お金を振り込んだけど思った模型ではなかった…)と悲しいすれ違いを防ぐことができます。

3Dプリンターでの出力後
金魚
3Dプリンターから取り出した直後

 先ほど完成した3Dデータを3Dプリンターで出力しました。この段階ではサポート材とも呼ばれるバリが付いています。跡が残らないように丁寧に外し、着色します。

金魚

 現在、作製途中です。

進展があり次第、この記事に追加していきます。