カジカガエル

Buergeria buergeri

撮影日:2020年8月24日月曜,九度山町
掲載日:2020年8月28日金曜

口器が大きかった。また、尾が細長く筋肉が発達していた。後ろ足が生えていて生体と同じような柄が見られた。体色は魚のカジカに似ていた。体表面は滑らかであった。
四肢の指には発達した吸盤が見られ、背面にイボが確認できなかった。
様々な体色の個体が見られた。

引用文献 松井 正文・関 慎太郎.2008.カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック.p55
内山 りゅう・前田 憲男・沼田 研児・関 慎太郎.2005.決定版日本の両生爬虫類.p154

♦今日の生き物シリーズ
アンフィ合同会社は本物の生き物を観察することで、よりリアルな模型の製作を目指しています。そこで、弊社が位置する自然豊かな紀美野町周辺で見られる生き物を紹介します。