ニホンマムシ

Gloydius blomhoffii

撮影日:2020年8月24日月曜,九度山町
掲載日:2020年8月27日木曜

沢を歩いている時に見つけた
胴の背面の左右には楕円形の暗色で縁取られた斑紋があり、その中央部には暗色小班が見られた
出血毒で知られている蛇なので距離を置いて撮影した

引用文献 高田 榮一・大谷 勉.1984.原色爬虫類・両生類検索図鑑.p150

♦今日の生き物シリーズ
アンフィ合同会社は本物の生き物を観察することで、よりリアルな模型の製作を目指しています。そこで、弊社が位置する自然豊かな紀美野町周辺で見られる生き物を紹介します。