セイヨウミツバチ

Apis mellifera

2020年7月31日木曜,会社周辺

全体的にやや黄色で、腹の先端はほぼ黒色であった
後翅の翅脈が藤丸(2014)で記載されてるセイヨウミツバチの特徴と一致していた
雌の産卵管が変化してできた毒針

引用文献 ハチハンドブック.2014.藤丸 篤夫.p98.

♦今日の生き物シリーズ
アンフィ合同会社は本物の生き物を観察することで、よりリアルな模型の製作を目指しています。そこで、弊社が位置する自然豊かな紀美野町周辺で見られる生き物を紹介します。